mania-ku

何か作りたいプログラマ未満。

【旅行】一流の田舎と初自炊宿@福島

この前友だちカップルと福島に行って来ました。この辺に行ったのは、高校ぶりだったような。

1泊目は一流の田舎の山形屋さん

部屋

DSC00116
4人同室で、半分洋室半分和室のベッドのある和洋室タイプの部屋でした。
畳はやはりいい・・・すぐにごろごろしてしまいます。
ちなみに今年は名人戦で羽生棋士が来たそうで、小学校で将棋オセロクラブだった私(ただし激弱)は興奮ものでした。名人戦記念のプランもあります。

温泉

温泉は2度入りに行きました。
熱塩の地名のとおり、塩分が高い温泉でした。傷があると辛いかも。
時間によって男女が入れ替わるシステムでした。
数は少ないものの、1つの湯船が大きくてゆったり浸かれました。
やはり温泉はよいですね!普段でも湯船につかったり、温泉や岩盤浴に行きたいものです。
露天風呂は仁王立ちすると、他の部屋や外から丸見えのようです。
タイミングが悪くて足湯につかれなかったのが残念・・・
チャコール・バーデンというのが気になったんですが、結局行きませんでした。

2泊目は初めての自炊宿中の湯旅館

DSC00191
2泊はお金がかかるよ!と言ったところ、2泊目は自炊宿にすればそこまでかからんとのことで、初体験してきました。
部屋と温泉を借りて(テレビやら冷蔵庫やら暖房は別料金)ご飯は自分たちで作る宿です。
こういうところは基本男性の一人客が多いみたいですが、美人のお姉さんもいました。

温泉

男湯(基本混浴らしい)は温めで、長湯するもののようです。今回は入りませんでした。
女湯は40度くらいで、女性客がいなければ男性も入れるとのこと。同一経営のマウント磐梯から引いている温泉だそうです。

桜鍋を実家の味つけで

鍋用の馬肉と野菜を買って、桜鍋にしました。
実家でもやったことがあったので、以下の母のレシピで料理しました。

  1. 1.サラダ油ににんにく、しょうが少々いれ馬肉・ささがきゴボウをいれ炒める。
  2. 2.にんじん、キャベツ、焼き豆腐をいれ砂糖酒味噌で味付け煮る。
  3. 3.最後に長葱。七味唐辛子をふりかけ食べる。

小池牧場で初乳搾り

体験教室ではなく、普通の酪農家さんのお仕事をちょっとだけ体験させてもらいました。
ここで飼われているわんこはかわいかった!

子牛にミルク

DSC00192
バケツに哺乳瓶の乳首がついたようなものでやりました。
子牛のがっつきと力が凄まじかったです。必死にふんばってぎりぎり負けないくらいでしょうか。
もうバケツにミルクはないよ!
バケツの柄と下を持つと揺れないので子牛が飲みやすいそう。
小池牧場では生後2ヵ月まで母牛とは別の小屋でミルクを上げるそうです。
子牛は私(167cm)の胸くらいの身長でした。

乳牛に乳搾りと餌やり

DSC00195
子牛と違って母牛たちはかなりでかい・・・身長は同じくらいに感じました。
大人だと600Kgくらいだそうですが、雄は1tになることもあるんだとか。牛でけぇ・・・。
思ったよりも背中側がごつごつしていましたが、お腹や乳のほうは豊満というかんじでした。
乳首は普通の男性の手の親指くらいの太さでしょうか。かなりでかい!
親指と人差し指で輪を作った中に乳首を入れて、人差し指→中指→薬指→小指の順に力を込めて行くのが手でしぼるコツだそうです。
餌は大麦で、圧縮してあるものをほぐして与えました。
与えてる途中で持ってる餌を牛に奪われそうになったり、なめられたりしました。ちゃんと餌あげたのに!
体が大きいので、糞や尿はすごい量です。尿は滝のようでした。
ピンチをチャンスに!夢を叶えた酪農家(喜多方市) | ふくしま 新発売。

喜一 で朝ラー

朝からラーメンははじめてかも。
ここでは熟成味噌ラーメンを食べました。
ここはかなり待ったので、店内に名前を書きに行くと良いかと思います。
検索すると前の店舗情報がでることがありますが、警察署に近いのが現在地です。

いとう食堂のソースカツ丼

ここではソースカツ丼を注文しました。
ノーマルのソースカツ丼なら量が多いので、少なめがオススメ。
馬刺もあります。

※現在は14:00までしかやっていません。定休日は木曜日です。駐車場がちょっとわかりにくいです。

喜多方煉瓦會

DSC00117
喜多方の街は下の方がレンガに囲まれた蔵、煉瓦蔵が多いです。雪の水分が中に入り込まないので、漆喰が悪くなりにくいそうです。
このレンガを現代に残そうとしているのが三津谷煉瓦窯再生プロジェクトチーム・喜多方煉瓦會です。
2013年のグッドデザインにも選ばれたそう。
レンガの表札もあるそうですよ!ちょっとほしいけど、置くところがない・・・

なかなか楽しい旅でした。次行くときはぜひチャコール・バーデン体験したいですね!
さーて次はどこに行こうかな。

野反湖でキャンプしてきました

土日に川が温泉の尻焼温泉入ったり、野反湖で肉々しいBBQしたり、横手山ヒュッテでパン食べたりしてきました。・・・金曜日にある健康診断が怖いです。

箱島湧水で水を汲む

今夜はキャンプなので、途中で20Lタンクに水を汲むことに。うちの20Lタンクはなんか見た目がカッパっぽいやつ。水を入れたタンクは光を拡散できるので、キャンプにもってこいかもですね。
s_DSC02490

水はひんやりどころじゃない冷たさで、汲むの辛い。シェラカップで水を汲むと、とたんキャンプっぽい装い。
s_DSC02342

川が温泉とか意味わからんしっていう尻焼温泉

友だちが「川が温泉のとこいこーぜ!」と言ったのですが、ちょっと何言ってるの・・・!?状態
とりあえず水着をもっていくことになったので、ムラサキスポーツに水着を買いにいきました。この時期はシーズンが始まったばかりで、水着は選び放題。新作いっぱい。しかしサーファー寄りなムラスポではちょっと場違いな感じも・・・しかし、時期が早すぎて普通?一般的?な水着が売ってる店は専門店くらいしかなく、ムラスポで購入することに。高校以来の水着なので、まともそうな上下分かれてる紐風にしました。こいつを使ってこの夏はプールに通うことにします。写真が良いのがなかったです・・・
s_DSC02420

着くとそこは・・・全裸のおっちゃんでいっぱい。水着とか着てる人ほとんどいないんですけど?一応一緒に行ったのが男女混じってる団体なので川辺で水着に着替えて温泉へと。熱い!これ多分45度くらい!!40度ちょいが好きな私にとっては突入すらできない・・・温泉への夢が破れる・・・と思いきや、「下の段はぬるいよぉ〜」と常連っぽいおじちゃんに教えてもらいました。
上の段が川の水そのまま、真ん中の段が温泉が出て熱い(45度くらい)、下の段が温泉プールくらいでした。下の段は温いけど、そのかわり川底や岩に藻のようなものがいっぱいでぬるぬるですごくすべる。温泉というより探検、みたいな。割と若い人も来ていて、彼ら(男性しかいませんでした)は大抵水着でした。
私は気づいてなかったのですが、老夫婦も来ていて、旦那さんの方が私ともう一人の女の子をチラチラ見ていたそう。奥さんとの仲は大丈夫なのかしら・・・。

野反湖キャンプ場へ到着!

s_DSC02505
野反湖キャンプ場はこの日がシーズン開始日だったそうで、他の人はお隣とあと数組くらいでした。まだ夜は寒いから、子ども連れは早いだろうし。すごく静かでした。お隣さんは天体観測していたみたいですが、望遠鏡がなくても星がいっぱい見えました。
あと肉食べたり、野菜焼いて食べたり生でミソ付けて食べたり、クレソンスープを飲んだりお酒飲んだり。シェラカップで飲む酒旨いですね。でもちょっと寒かったかな。マシュマロはやはり焼いた方がおいしいと感じました。でも不器用すぎて焦がしまくってました。
s_DSC02437

日本一高い所の雲の上のパン屋さん横手山ヒュッテでご飯

横手山頂ヒュッテまで行くには、リフトかお店に電話して迎えに来てもらうのですが、この時期リフトがやってないので迎えに来てもらいました。一応徒歩でも行けます。リフトとお店は経営母体が違うようで、いつリフトがやってるか把握できないそう。ここではきのこスープセットをいただきました。おいしいけど、多い・・・あとちょっと高いです。また、別に環境整備協力金500円払う必要があります。
ちょっと前まで近くにスタバがあったそうですが、リフトがやってない時間が長いのでいまはやってないそう。まだ近くには雪が残っていて、スキーやスノボしてる人もちらほら。2歳からスキーを始めた私ですが、さすがにちょっとだけの雪ではできない万年初心者レベルです。(父に上級者コースの上に置いていかれたことはいまでも忘れられない・・・)

モンハンとのコラボもやってる渋温泉で温泉休憩!

2回目の温泉は渋温泉で。宿泊ではないので、九湯めぐりではなく大湯のみ。ここも熱かったー><日曜だからか、温泉のあとの牛乳探しに難儀しました。
モンハン系の宿泊プランもあるせいか、若いお客さんもいました。アイルーの銅像があったり。

s_DSC02525
今回の旅でだいぶ旦那さんは日焼けをしたようですが、私はちょっと焼けたかな・・・くらい。なんだこの負けた感は。
なお、今回の写真も旦那さんが撮影しました。次は乳搾りしたいなぁ。誰かオススメの牧場ありませんか?

那須塩原の板室温泉に行ってきました

s_DSC02011

先週末、旦那&友人たちと一泊で栃木の那須塩原に行ってきました。

今回の温泉の目的

桜前線がちょうどよかったのですが、真の目的は温泉です!いや、毎回温泉が目的の旅だと私は勝手に思ってますw
お風呂から眺める桜は格別でした。

s_DSC01968_mini

なお、旦那さんは滞在中に6回も入ったそうです・・・私は3回。負けました。
板室温泉の周りを散策したのですが、鯉のぼりと桜が一緒の不思議な風景を見ることができました。

s_DSC02008_mini

なお、時間のせいかお店がまったく開いていませんでした・・・
次回行く際は、きちんと準備しなければ。この時期は花粉症があるので、必ず箱ティッシュは買おうと心に決めました。

温泉以外にも

s_DSC02124_mini

千本松牧場でアーチェリーをしたり(筋がいいのか結構当たりました!)、子犬を見て和んだりしてました。
どうやら現在宝探しをやっているようで、あちらこちらに謎の模様が・・・気になったのですが、スルーしました。

また、隣県に住む知り合いに中国料理 鈴や花見に連れて行ってもらいました。
鈴の麻婆豆腐はしびれるというかなんというか、ご飯がないと食べられない本物の麻婆豆腐の辛さでした。
とても美味しいのですが、ちょっと胃には悪いかも?
次回行くときはサンラー麺が食べてみたいですね!

花見をする頃にはあいにくの天気模様で凍えながらの酒盛りでしたが、手作りの漬け物を食べたりいろんなお酒を呑んで楽しみました。
このあたりではレンタカーなんかも早めにお店が閉まってしまうので、朝早くから夕方までを移動時間にした方が良いかもしれません。

さて、次の旅行先は?

もう今週末からGWですね!
私は実家に帰って蕎麦や海鮮丼を楽しんだり、旦那の実家に帰る予定です。
また美味しいもの食べて温泉につかるぞ〜♪

なお、今回の記事の写真提供は旦那さん
写真圧縮を画像を縮小する!で行いました。

【フランス行くなら】OKOMUSUがオープンしました!【寄ってみて】


前職の同僚の田淵寛子さんが経営するお好み焼き屋さんOKOMUSU – Restaurant d'okonomiyakiがフランスでオープンしました!

現在のものは違いますが、一番始めのロゴは私がデザインしたので思い入れのあるお店です。
最初は萌え系お好み焼き屋さんだったので、かわいいリボンを使ったロゴにしていました。
まさかフランスのイベントで自分が作ったロゴが使われるとは・・・思ってもみませんでした。

そしてコンセプトをおしゃれ系へと変更し、店舗を持つことに。

なんと「一億人の大質問!?笑ってコラえて!」デビューもw

海外支店を作ろう!!!のパリ支店で、オープンまでの道のりをインタビューされていました。
フランスの職人さんが約束の時間を守らなかったり、納期がずれまくったりして大変だった様子。
文化が違うとどの業界も自分のペースでは進められないんですね。

でもなぜかテレビの話題は田淵さんの服がいつも同じことに注目していましたが・・・w

いつ行こう?

フランスはもちろん、海外に一度も行ったことのない私・・・(今まで行ったことのある場所は北海道〜鳥取です。)
OKOMUSUにはぜひ行かねば!
とりあえず、英語の勉強から始めましょうか。

みなさんもフランスに行ったら、ぜひOKOMUSUに寄ってみてくださいね!
サンバの好きな陽気なお姉さんがお迎えしてくれますよ♪

それにしても田淵さんのアクティブさはぜひ真似したいところです。

OKOMUSUの情報

  • 料理の種類:お好み焼き(日本食)
  • 営業時間:FaceBookをご確認ください。
  • 予算のめやす:3000~5000円
  • 住所:11 rue Charlot – 75003 Paris
  • 電話番号:01-57-40-97-27
  • 予約:可。メール(info@okomusu.com)かFaceBookのメッセージで予約ができます。
    ※飛び込みの場合、混んでいてお断りされる場合があります。なるべく予約をしてください。
  • クレジットカード:VISAカード・Masterカード可
  • サイト:OKOMUSU – Restaurant d'okonomiyaki

※最新情報はFaceBookをご確認ください。

【旅行】岩手で初体験してきた

温泉行きたいなー行きたいなーと言っていたら、友だちYが旅行を企画してくれたので岩手に行って来ました。メンバーは私と旦那さん、Yとその彼女、そして友だちN・Mの計6名でした。
新幹線で2時間半〜3時間の旅です!

岩手と私の関係

実家からすぐ(車で1時間くらい)なのに、観光に行くこともなく新幹線で通り過ぎるだけの関係でした。親戚も住んでないし・・・
有名な食べ物(重要)は冷麺やじゃじゃ麺(大好きです)、そしてわんこそば。
最近だとまめぶ汁でしょうか。じぇじぇじぇ!(使い方よく知らない)

そういえばわんこそばが食べたくて、子どもの頃に親にねだったことがありました。
そしたら旅行計画を立てたら連れて行くと言われましたが、まだWindows98も出てないような頃です。
インターネットは無理。(そもそも未だに実家にはネットがつながってませんが・・・)
本で計画を立てられるほど、かしこくもありませんでした。(今もかしこくないけれど・・・)

私→岩手の片思い(?)のような関係でした。

岩手で初体験!わんこそば編

そんな私が岩手といったら「わんこそば!!!」、と言ったところ老舗のわんこそば屋さんに連れて行ってもらいました。
驚いたのはわんこそばってのは、そばだけじゃなくて付け合わせとか薬味とかそういうのがかなりの種類がありました。
よく考えたら、そばだけじゃ、あきるよね!

DSC00670
DSC00669
DSC00676

15杯でかけそば1杯分くらいのところを、45杯食べてきました。
いつも3せいろくらいなので、がんばったと思います。
おかずもほぼ全部味見してきました。なんかすごく辛いのがあった・・・
旦那さんは77杯と検討し、たくさん食べる系の友だちNは103杯。これでもそのお店の上位には食い込まなかったようです。
150くらい行かないとならないそう。Nは朝ご飯をしこたま食べていたこともあり、いつもの調子が出なかった様子。残念です。

岩手で初体験!混浴編

わんこそば以外の(私的)目玉は、温泉!
※他にはビールの醸造所行ったり、冷麺食べたり、地熱発電所行ったり、鉱山行ったり、廃墟?見たりしました。
松川温泉 「峡雲荘(きょううんそう)」です。温泉としてのレビューはこちらのサイトで見ていただくとして・・・(元CAの混浴ブログです。スッチー!)

混浴デビューです!
まぁ別に子どもの頃は男湯に入れられていたので、こちらとしてはどうでもいいのですが。(目が悪いから対してなにも見えないしね・・・)
混浴って(まぁ他の作りも多々あると思いますが)脱衣所分かれてるんですね!驚き!!
入ったら一緒なのに意味あるのかな?
あと入り口の扉が半分くらいしか空かなかったんで、つっかえるかと思った・・・
タオルもまかずにのんびりしました。
いつも酒飲んで一緒に床で寝てるような仲の友だちしかいません。見られたところでたいしたことはない!
外は-3度になることもあったので長風呂しても大丈夫でした。

温泉には夕方・夜・朝と3度ほど入りましたが、とっても快適でした!
ただ硫黄が強いのか私の肌が弱いのか(たぶんこちら)毎度目が痛かった・・・
アトピーなんかで肌が弱い方はご注意ください!

お土産

お土産はかもめのたまごを選択。
岩手と言ったらこれ!と聞いたので、駅で探しまくりました。
あと自分用に駅で売ってた萩の月を!(大好物)
また現在サッポロから東北限定のビールが出ていたので、それを会社のビール派の方へのお土産としました。

ビール重かった・・・旦那さんにもってもらったので悪いことをしました。
今年のクリスマスは旦那さんへのプレゼントをちょっと豪華にしようと思います。

まとめ

やはり田舎のほうに行くとなると、移動に車の必須ですねー(免許持っているけどペーパー)
そのうち旦那さんに取ってもらおう←

あと山やなんかの関係で電波が入るキャリアがばらつくので、そこそこ人数がいるならキャリアがばらけたほうがいいのかなと思いました。

次は南の方に行きたいなー熱海もまだ行ったことないので。
雪見風呂もさいこーだけど!